自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車検代金を抑える方法とは?払えなかった場合はどうなる?

車検の期限が近づくと、「どれくらいの費用がかかるのだろうか」と気になるものです。車検は2~3年の間に受けるものであり、まとまった費用が必要となります。整備項目を増やすとそれなりの金額がかかることも多いです。

深く考えずに車検を依頼すると「車検代を払えない」という事態になる可能性もあります。そこで、この記事では車検代の相場や代金が支払えないときの対応、車検費用を抑えるポイントをご説明します。

 

 

車検代の費用は?

はじめに、車検代の費用感をご紹介します。以下でディーラー、車検工場、ガソリンスタンドに分けて相場をご説明します。

ディーラー

ディーラーでの車検は最も費用がかかります。軽自動車であっても法定費用を含めて7万円程度からが相場となっており、車両重量が2.0t以上の大型車になると12万円以上の費用となります。

ディーラーの車検費用の高さは、2年後の車検を見越した整備となっているため整備項目が多くなり、代金も高くなります。しかし、質の良い修理ができるため、費用よりも安心感を求める人が利用する傾向があります。

 

車検工場

車検工場とは、自動車整備工場を指します。自動車整備工場には、地方運輸局が定める基準を満たした「認証工場」「指定工場」があります。

特に指定工場となっていると、検査ラインを持っているため車検場に車を持ち込む必要がありません。そのため、その分の手数料が安くなりスピーディーな検査も可能です。

なお、車検工場での料金相場は軽自動車が6万6,000円からとなっており、小型車は8万円程度、大型車は12万円程度から車検を受けることができます。

 

ガソリンスタンド

最寄りのガソリンスタンドでも車検を受け付けている店舗があります。ガソリンスタンドでの車検は費用の安さが特徴です。また、給油時に車検の見積もりや相談をして、そのまま車を預けることもできるでしょう。車検場に持ち込むため2~3日程度の時間は必要ですが、国家資格を持つ整備士が在籍する店舗もあり、十分な整備も行えます。

ただし、店舗により代車がなかったり整備技術やサービスに偏りがあったりするため、見極めが必要です。

 

 

 

車検代が払えないときはどうしたらいい?

車検を業者にお願いすると、思っているよりも費用が高くなるケースもあります。場合により支払えないことも考えられます。その場合の対処方法をご説明します。

前提として車検代は支払う必要がある

前提として車検代が高額になったとしても、支払う必要があります。車検が切れていても所持しているだけなら法律上の問題はありませんが、車検が切れた車で公道を走行すると罰せられます。

道路運送車両法・第62条には「自動車車検証の有効期間の満了後も当該自動車を使用するときは、当該自動車を提示して、国土交通大臣の行う継続検査を受けなければならない」と明記されています。これに違反すると、罰金や懲役を受けることにあるため注意が必要です。

よって、たとえ費用が高額になっても保有している車を継続して使う場合は、車検を受けて代金を支払う必要あります。

 

分割払い(ローン)をする

車検費用を一括で支払えない場合は、分割払いをしましょう。具体的にはローンを組んだり、クレジットカードで分割払いを選択したりする方法があります。また、親しい自動車整備工場であれば、ローンやクレジットカードではなく現金の分割払いを許してくれることもあるでしょう。

ただし、ローンやクレジットカードでの支払いは金利がかかるため最終的な支払金額が増えてしまいます。また、法定費用だけは現金で一括払いとしている場合もあるため、費用の支払いの流れがどうなるのかも確認してください。

現金での分割払いを許可してもらえた場合でも、書面でのやり取りなど信頼関係を崩さないことも大事です。

 

車の利用を控える・手放す

ローンやクレジットカードでの支払いができない場合は、車の利用を控えるか手放すことも検討してください。前述のとおり、車検が切れている車を所持しているだけでは法律違反にならないため、車検費用が捻出できるまで車を使わないようにしましょう。

なお、車を車検に出してしまうと費用の請求は止められないため、見積もりの段階で検討する必要があります。

 

 

車検代を抑える方法は?

最後に車検代を抑える方法をご紹介します。以下の3点に着目して車検費用を抑えましょう。

ユーザー車検をする

ユーザー車検とは、業者に車検を依頼せずに自分で車検場(運輸局)に車を持ち込んで検査する方法です。オンラインで予約をしてから、検査当日に車を持ち込んで係員の指示に従って検査していきます。

業者に依頼したときの手数料などが大幅に削減できるものの、車に関する知識が一定程度、必要となります。また、検査の時間や日程を確保できる人でなければ利用しにくいです。

 

複数の見積もりを取って比較する

業者に車検を依頼するときは、複数の見積もりを取って比較することが大事です。ディーラーは割高ですので、自動車整備工場1件、ガソリンスタンド1件、カー用品店1件など業種や店舗を変えながら見積もりを取ると比較しやすくなります。

おそらく整備内容が異なり、費用も変わってくるでしょう。今回の車検で何を整備するかの検討をして、費用を抑えられる業者を選んでください。

 

整備項目を最低限のものにする

そもそも車検は検査項目の基準を満たすことが必要であり、すべてのパーツや部品を交換する必要はありません。車検に合格することに加えて、日ごろの安全面を考慮した整備内容にすると費用が膨れ上がります。

丁寧な整備は日ごろの安心感につながりますが、車検費用を抑えることにはつながりません。必要な整備を把握して最低限の内容にすることがポイントです。

 

 

 

まとめ

車検を業者に依頼すると、法定費用だけではなく整備や修理などの車検基本料が発生します。その車検基本料が割高になると、車検代金が払えない場合も出てくるでしょう。

しかし、保有している車を使うのであれば、車検を受けて代金を支払う必要があります。もし一括で支払えない場合は、ローンやクレジットカードを使って分割払いにしてみてください。

また、車検費用が割高にならないように、ユーザー車検を検討したり整備項目を減らしたりする工夫が必要です。車検代金が支払えるように、いろいろと検討してみましょう。

この記事を読んだ方は「トットコ予約ページも見られてます」

車検工房マックの車検はこちらから

↓↓

 

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP